思い込み、決めたこと

さて。

ちょっと「私を生きるセラピー」のことを書き足していこうと思います。

やっぱり、書いても書いても書き足りない、奥深いセラピーです。

最近では、セラピーが順調に進んでいる方と実際にお会いする機会も増えましたので、その変化が素晴らしいなぁ、、とこっそり感動しております。

あまり、私の方から「セラピーで変わったよねぇ」と言うのもわざとらしいかなぁと思うので言いませんが、でも確実に軽やかに、自分のやりたいことをして、きちんと自分の意見も言えたり、ストレスが少なくなったり、対人関係に変化が出たりとしております。

すばらしいー、みなさま素晴らしい♡

 

いつからでも、生まれ変わって自分を生き始めることができるのです。

 

タイトルの「思い込み、決めたこと」に関して、今日は書いていこうと思います。

 

おさらいしておきますと、私を生きるセラピーでは、まず20歳の自分と向き合い、対話していきます。そして、その時どんなことを思っていたのか、何かに傷付いて殻を被ってしまっていなかったか、あの人にこんなことを言いたかったのに、とか言い残しがない?

とか、色々お話していきます。

そしてその子がたくさんおしゃべりしてスッキリして軽くなったら光のシャワーを浴びせて、今の自分と統合、していきます。

光って、原点。すっきり軽くなった20歳の自分と「これからは一緒に幸せになろうね」と誓って、これから進んでいくのです。自分自身ですから、間違いなく最強のパートナーです。サポートしてくれる。

これを19、18歳、、そして0歳、胎児の自分まで、進めていくのが第1章です。覚えてない、、と言う方も、取り組めばしっかり繋がります。そのためにお助けのナビゲーターがおります、はい。

 

私がクライアントさんに伝えるのは、向き合いが終わってから、各年代での

①テーマ

②どんな思い込みを作ったか、何を決めたか

③それがどんな現実を作ってきたか

 

を書き留めて整理していきましょう、と。

私に人生をさらけ出す必要は全くありませんので、これは個人の記録で書いていって頂きます。整理の仕方が合っているか不安な方は聞いて下さいな。

ちなみに私自身がセラピーを進めていた時も、ナビゲーターの直子さんから書いておくといいよ、と言われていたのですが「私覚えられるので最後にまとめまーす」とさらっと流しておりました。いや、実際記憶力はとてもよいのですけれどね。

 

で、第1章が終わって、21歳〜今の年齢まで進めつつ、ナビゲーターのお勉強をしながら、これを書き出していったわけです。

例えば私の場合ですが、8歳の時。小学校で、グループワークが大嫌いだったしほちゃん。おとなしくて、でも真面目にやってしまうタイプだった私は、「なんやかんやとほとんど私一人でやってるやん、、」と心の中で思いながら、先生も絶対分かってるだろうのに、なんて意地悪なんだろう。

と思いながらも、でもせっせとやってました。

今でも覚えているけど、班(たしか4人)で1枚の運動会のポスターを作りましょう、とかそんなでした。あー、疲れた。今でも疲労感まで覚えています。

 

で、こんな場合ですと

先ほどの

①テーマ

②どんな思い込みを作ったか、何を決めたか

③それがどんな現実を作ってきたか

 

を当てはめてみますと、しほちゃん8歳、の場合

①独立心

②一人でやる方が楽、しかも本領発揮できてよい

③28歳の時、同じことを思い、独立しました。

 

となります。

社会人になってからも、8歳の時と同じことを繰り返していたのです。

『一人でやる方が楽、しかも本領発揮できる』って8歳の私は決めたから、忠実に決めた通りの現実を、そんな流れになるような現実を、作ってきたのです。

ちなみに35歳で離婚した時も、おんなじことを思っていました。。

自分で決めたことに、なんて忠実に生きていくのでしょう、私たち。

愕然とすると同時に、健気に生きてきた自分がとめどなく愛おしくなります。

 

私の8歳の場合は先生(大人)に対しての不信感、なんかも同時にインプットされていたのだと思います。ひー、8歳ですよ。

 

これからも、この思い込み、まるっと大事に持っていきますか?

本気で自分自身と対話する必要があると思いました。

この「私を生きるセラピー」は、長い人生の中で、どんな思い込みを作ってきたかに気付く機会でもあります。

そして気付いた時点で、癒しや、必要であらば手放しが始まっていきます。

ちゃんと、自分で気付いてあげるのが大事。

記憶に残っていないところで思い込みを作ってしまったりしてしまうものですから、やっぱり1歳1歳丁寧にやっていくのが近道に思えます。これが、このセラピーの地味だけど強力なところです。

私はナビゲーターとしまして、どのくらいくまなく想いを拾ってあげれたかをチェックしていきます。数値の巻でも書きましたが、各年代がどのくらい整理納得できたかを数値でチェックしながらセラピーの伴走をさせて頂きます。

 

例えば、結婚したい!と思っていても、

2歳のあなたはふとしたお母さんのグチを聞いてしまって「結婚なんて苦労だわ」と思い込んでしまったかも、しれません。

例えば、ですよ。

同じおうちで同じご両親の元で育っても、どこでどんな思い込みを作るかって、それぞれです。

 

もちろんやらなくても幸せに生きている人はたくさんいると思います。

でも

何かしら、繰り返す人生のパターンとか、不信感とか、思い通りにできないもどかしさとか、を感じることがあればトライする価値はあると思うのです。

 

このセラピーをやり終えたら完璧に幸せになれますか?と聞かれたら、完璧はないですよ、、としかお答えできないし、幸せはみんなそれぞれですから、なんて言うかもしれませんが、でも自分で自分の人生の舵取りができる。

完璧はないけれど、でも際限なく幸せになっていい。癒し、統合、手放しがいつでもできる術が身に付きます。

そして、自分のことがどんどん好きになっていきます。

これってすごく幸せだと、思う。

 

私を生きるセラピー」、やっぱり深いよね。

また書き足していきます。

 

さー。

今日も最高に幸せな1日です♡

ありがとうございます!!

しほ