今月の1冊

本を買いました。

三宮駅すぐのジュンク堂が好き。本屋さんは楽しいです。

 

エネルギーに敏感になっていくと誰でもそうですが、自分のセンサーがよく働きます。自分に合う食べ物、場所、本、諸々がよく分かるので便利です。

ちなみにですが、以前に伊勢神宮で購入したお札は、遠くから見てもそれだけ大きく見えるような感じで目立っていて、これしかないよね、と即決でした。リビングにありますがおかげさまで心地よい風がいつも吹いているような感じです。

 

さて、この本。どうも気になってしょうがなく、「買わない」という選択はありえないでしょ、という感覚でした。

何かに迷った時は「絶対だめ!」って言われたらどうする?と自分の中で問いかけます。「あ、だったら諦めます」か「いや〜絶対欲しい!」か。ま、本くらい買いますが、これは「絶対欲しい!」と思ったのです。

 

読み進めると、やっぱり納得。私が食に関して思っていることがそのまんま。

食の話だけじゃないのですけどね。

たくさん感動してたくさん泣きました。

 

物はなるだけ持たない生活を送っていますが、本は選べるならばやっぱり紙の本が好き。リビングに並べているので、お客さまに貸し出したりもします。これはシドニーの頃からですね。帰ってくる時に本もかなり処分しましたが、また少しずつお気に入りを並べていこうと思います。

 

ちなみにこの著者、料理人ちこさんが店長をされているお店のおせちがとっても美味しそう、、

買おっかな、どうしよっかな。

13年ぶりの日本の年越し&お正月です。

 

ちなみにですが、先月の1冊はこれ。

直子さんのお師匠さんであり、「私を生きるセラピー」を生み出した小梅さんの本です。

この本に「私を生きるセラピー」のやり方も載っています。

こちらも貸し出しできますのでよかったら。

 

ちなみにですが、「私を生きるセラピー」(前にブログのこちら)1歳まで進みました。

少し戻ってやり直した年代もあって、ゆっくりのペースにはなっていますが確実に進んでいます。

その頃の記憶なんてないのですが、ちゃんと当時の感覚を取り戻すことができました。

 

2歳の私は、ものすごく周りに興味津々で、特に人に対してワクワクな気持ちで知りたくて知りたくてしょうがない、そんな思いでいたのを感じました。思い出したというか、その感覚が今の私の中に再現できたというか。

その時に「あー、私は人を知り、人を学び、人からたくさん学んで成長するために生まれたんだ」と分かりました。もちろん他にも目的はあるし、誰も一人では生きれないので、全ての人にとっての課題であると思います。

ですが、それを全身で感じたことで、どんな人も師であり学びをくれる神様だ。と肚で思えたのです。この感覚を自分で掴めたのはなんと大きな収穫だったろうと思うのです。

何十時間も地味に地道に続けたご褒美の1つですね。

未熟な私はこの感動をつい忘れてしまいそうですが、ちゃんといつでも呼び戻せるようにセットしておこうと思うのです。

 

ちなみに1歳は、テレビのノイズに慣れなくて落ち着かなかったこと、もっとお外に行きたいという感覚が蘇りました。今の私は1歳のシホちゃんの理想の暮らし、かな。だとイイナ。

 

気ままな日記になってしまいましたが、自分を知るって本当に大事です。

自分を癒した分だけ人も癒せるし、自分を分かった分だけ、人のことも分かるようになるのです。うん。

 

さー。

今日もお客様、みなさまに感謝。

どうぞよい1週間をお過ごし下さい♡

しほ