摩耶散歩

うちから5分ちょっと歩くと、妙光院というお寺があります。

階段の先には馬に乗った馬頭(ばとう)観音さまがいらしゃいます。動物愛護の神様です。毘沙門天さんもいらしゃる、スキッと空気の澄んだ場所。

で、ここから歩くこと1分。摩耶山への登山道が始まります。

青谷道という登山道です。青谷のバス停からも5分ちょっとですね。

Wikipediaよりですが

摩耶山(まやさん)は六甲山地の中央に位置する標高702mの山

摩耶山の名は空海が天上寺に釈迦の生母・摩耶夫人(まやぶにん)像を安置したことに由来する。

この摩耶夫人がお祀りされているのは天上寺というお寺です。

以前に遠足で行きました。(ブログはこちら

現在の天上寺は昭和51年の火災の後で新しく建てられたそうです。

で、元々の天上寺は、今は天上寺跡として残っています。

門は焼失せずに残っています。

山に登れば海が見える。神戸の当たり前ですがやっぱり最高。

天上寺跡には梵字がちらほら。

 

空海さんの軌跡を感じます。梵字を日本に持って帰ってきたのは空海さん。

ちなみに、霊気の第2シンボルは梵字が元になっているんですよ。

 

天上寺跡の手前に『摩耶の大杉さん』と呼ばれる大木。枯死したと言われていますが、生きていらっしゃいます。と思います。

家から往復3時間くらいのコース。交通機関を使わずに行けるなんて、なんと恵まれた場所に住んでいるんでしょうか。と言いながら、先週やっと行けました。

青谷道は、天上寺へのお参りのために作られた道だそうです。歴史を感じますね。どれだけの人がこの道を通ったのでしょう。

 

そして、、それから(やっとこ)早朝散歩を始めました。早起きなのに、なんで今まで行かなかったのだろう、、

登山口からも海が。素晴らしい1日の始まり。

同じ道の途中、湧き水が流れ続けているポイントがあります。山の神様から頂く御神水。ペットボトルもご自由にお使い下さいと親切な案内もあり、500mlのお水を頂いて持って帰ることにしました。お水のポイントまでの往復で、ちょうど家から90分。

 

朝から登山する人は結構いて、挨拶を交わしながら歩くのはとても気持ちがよいものです。

そして、登山口から20分くらいかな、人が集まってるな、、と思いながら進んでいくと河原でラジオ体操していました。みなさま、本当にお元気!!

 

家に帰って、頂いた湧き水でコーヒーをいれます。いつものコーヒータイムがこんなにも特別な物になるなんて。五感で頂く1杯。至福です。

流れ続けるお水を見ていると、なんというか、ふつふつと豊かな気持ちが溢れます。きっと世界に豊かさは溢れていて、それに気付き、受け取る選択をするだけなんだなー、とそんな気持ちになりました。

 

それまでも街中はよく歩いていましたが、街を歩いても汗をかいたり息を切らすこともなかったので、この数日で体も変わってきました。やっぱり適度の運動は大切ですね。まだ数日ですが、少し体が締まったような。

そして、エネルギーにも変化が。今まではチャクラオイル の1番とか、前回のブログで書いた木のブレンドに手が伸びていたのですが、お散歩から戻ってからのお風呂には7番、これしかないね、と手が伸びます。7番は頭のてっぺんにあるエネルギーセンターです。お散歩でしっかりグラウンディングができると、今度は上ともしっかり繋がって軸ができる。そんな感じ。

自然は偉大です。

 

先週は実は悪夢のようにヒマな1週間だったのですが、摩耶山へのきっかけになり、ずっと読もうと思っていた本を読み、ハハにフェイシャルをしてあげることができました。

エステの新人時代、フェイシャルがどうしようもなく下手っぴだった私は、毎朝出勤前に「おかーさん、カオかしてー」と練習台になってもらってたんですね。えっと、16年前。おかげさまで、だいぶ上手になりました。

 

さ、新しい1日。新しい1週間。

みなさま、お客様に感謝。

今日もありがとうございました!!

しほ