その人を作る食事

日本はお魚が色んな種類があってお値段も手頃です。島国、最高。

ちっこい鯛を買って、野菜とえのきと生姜たっぷりと酒蒸しにしました。オリーブオイルかけて完成。

かなえちゃんのブログにまるっと影響されていますが、野菜、魚、良質のオイル、どれも体にいいものばかり。

 

残った骨は軽くグリルしてからダシを取り、たまご玄米雑炊に。残りの野菜にはナッツとゴマとオリーブオイルをかけて、今日の朝ごはん。毎食は無理だけど、できるだけ丁寧に美味しいものを。

骨は髄まで頂いたら、コンポストに。よい肥料になるそうです。

 

できるだけ、切り身よりも全体を頂ける物を選びたいなぁと思います。ちりめんじゃこも常備。

全身が元気になる、と思います。全部繋がってるから。

 

さて

今月と来月、シドニーからのお友達が遊びにきてくれます。お客さんにはみんなに食べられないものある?と聞きますが、シドニーからの友人たちは口を揃えて「小麦製品と乳製品は控えてます、食べれますけれど」と言います。

お砂糖は言うまでもなく、だと思います。

安心してどうぞー。

 

今も相変わらずテレビなしの生活なので、情報は最低限しか入ってきませんが、でも目を覆いたくなるようなダイエット情報もちょこちょこ入ってきます。

20年前の私だったら飛びついていただろうな、と思うのであまり偉そうには言えないのですが。ケーキをたくさん食べても、このサプリを摂っていれば大丈夫、の類が多いのですよね。

一時的に痩せる、体重を減らすことにフォーカスしていて、長期的な健康や必要な栄養素、摂らない方がよい食材なんかは完全にスルーされています。

 

一番のダイエットは、食べた物がしっかり栄養になり、エネルギーになり、その人そのものになっていくことだと思います。

You are what you eat

と言いますが、まさにそう。

 

冷え性、頭痛、生理痛、風邪を引きやすかったり、

常にどこか凝っていたり

消化不良を起こしやすかったり

朝が苦手だったり

睡眠が浅かったり

肌荒れが気になったり

 

言い出したらキリがないですが、病院に行くほどでもないけれど何か症状がある、という方がものすごく多いのです。

それに慣れてしまって、もしくは忙し過ぎて、改善しようという気持ちにもならない方も多い。

何から手を付けていいか分からない方も多いのです。

体に悪いと認識せずに何か習慣を続けている方も意外と多い。

 

やるべきこと、やりたいことがたくさんあります。

体が変わると、人生が変わっていきます。

さ。

がんばろー。

 

今日もありがとうございました!

しほ