母なる地球

シドニーを発つ日の早朝にバルモラルビーチ、というか地球に教えてもらったことを書き残しておこうと思います。

お気に入りの岩場の公園で瞑想していた時のこと。

 

いつもは、自分の第一チャクラ(尾骨の先端辺り)からぐんぐん地球の中心にエネルギーを伸ばすように、根っこをぐんぐん生やしていくようにイメージして地球としっかり繋がる瞑想をします。

ヒーリングのクラスでもやる、いつもの瞑想です。

 

ですがこの日は、うつ伏せに寝転んで、地球をハグするイメージがポンっと浮かびました。

寒かったので実際はできなかったのですが、でもイメージで地球に寝転んで。

その時に、おへそからにょろにょろとへその緒が伸びていって、地球の中心にしっかりと結びつくイメージが湧いて、

「あー、やっぱり私たちは地球の子供なんだ」という、妙な確信と安心感を感じたのです。

 

親スピ2に、母なる地球よりという章があります。

その地球からのメッセージがそっくりそのまま腑に落ちて体感できたのです。

ちょこっと抜粋ですが

 

あなたたちを愛しています。
私の子供たち。

何があっても私はあなたを守り抜く。
 
さあ、飛び立ちなさい。どこまでも。
大丈夫。
あなたを守り抜く。それだけは忘れないで。

 

この時に、生まれた時のことを思い出しました。本当の記憶なのか、ただのイメージなのかは定かでないのですが、

ただただ、生のエネルギーと、喜びに溢れて泣いている赤ん坊。

赤ちゃんは地球に生まれてうれしくて泣いているのだと思いました。

 

その時の泣けるほどの生きる歓びが全身に蘇って、たくさん涙が出ました。

 

この歓びを忘れないこと、それと今を生きること。

この挟み討ち作戦で、たくさん自分を癒すことができるし、人生はさらにキラキラ輝くのだと思いました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

しほ