アーモンドラテ

前にも書きましたが、オーストラリアはカフェで頂くコーヒーがとても美味しいです。

いつも外ではソイラテを飲むのですが、ちょっとソイミルクの許容量を超えてしまったような気がして(私の感覚ですが)、アーモンドミルクのラテを先日初めてオーダーしました。

アーモンドミルクとは、アーモンドを水に浸して、砕いて、こして作るミルクです。こちらでは乳製品の代用品がとても豊富です。スーパーにもずらりと並んでいるし、アーモンドミルクを手作りしているカフェもあります。

 

「アーモンドミルクでラテお願いできますか?」

と聞くと

‘Almond Latte? Sure!’

と。その時に初めて『アーモンドラテっていうんだ!」と新しい単語に遭遇してちょっと嬉しくなりました。

そうよね、ソイミルクのラテはソイラテ。アーモンドミルクのラテはアーモンドラテ!上の写真は、私が初めてオーダーしたアーモンドラテ♡

砕いたアーモンドが乗ってそうな響きですが、見た目普通のラテです。ほんのりアーモンドの香ばしさがあってこれはこれでとっても美味。

 

日本でアーモンドミルクを買おうとすると、お砂糖がたっぷり入っていたりします。ですので、ちゃんと原材料を見て購入されることをお勧めします。

私は牛乳は基本的に飲みません。

 

話はさかのぼりますが

オーストラリアに来た頃、私はコーヒー1つすらオーダーできませんでした。

「コーヒー下さい」とちゃんと言えてるつもりだったのに

「フラットホワイト?カプチーノ?ラテ?何が欲しいの?」

と言われ、「いや、コーヒーが欲しいだけなのですが、、」

「だからフラットホワイト?カプチーノ?、、、」

の会話を何度か繰り返し、何とか聞き取れた『カプチーノ』というワードを繰り返してみたらカプチーノが出てきて、その時にやっとこちらのコーヒーの頼み方の仕組みを知りました。

フラットホワイトとは、ラテよりちょっとミルクが少なめです、ちなみに。

 

今では、アーモンドラテもスムーズにオーダーできるようになりました♡

めでたい!

日本でも美味しいアーモンドラテが飲めたらいいなー。

 

しほ