ちょこちょこ書いていますが、オーストラリアではPlastic Free(プラスチック、ビニール製品をなくしていく)の動きがどんどん強くなっています。持ち帰り用のビニールの袋をやめたスーパーもあります。その方がむしろイメージアップだし、気持ち良くお買い物ができます。

いつも行くHarris Farm(というスーパー)も。

エコバッグを持っていくか、エコバッグをそこで買うか、再利用紙の紙袋を買うか。

もしくは、お店に積んである段ボールに、どうぞ入れて持って帰ってね、となっています。

今日は車だったので段ボールに入れて持って帰ってきました。なんだかちょっと美味しそうじゃないですか。

半分のかぼちゃとか、ラップに包まれて売っているものもありますが、そのまんま、ドーンと棚に置かれているのをそのまま買って帰ります。慣れたら本当に楽ちんです。

 

でも、いくらプラスチックフリーと言っても、例えば今日ならトマト3つや、栗をどっさり買ったのですがそれを入れるのは小さいビニール袋だし、完全なプラスチックフリーは難しい。第一ビニール袋がなかったらどうやって普段の生ごみを捨てれば良いのか。(こちらではゴミ袋を買う、ということがないです。普通のスーパーなんかの袋に入れて捨てます)みんながコンポスト持てる状況でもないですもんね。

ま、できる範囲で、気持ち良く過ごせる加減を、今は探っていっております。

 

秋になってきましたシドニー、一時$11(約1000円)だった白菜は最近は$8。お鍋の季節です。大根も美味しくなってきて、少しずつ秋が深まるのを食べ物で感じます。食いしん坊だから。

 

今日の1番ハッピー、栗♡ オージーは一体どうやって食べているのでしょうか、謎です。

茹でて、まるっとむいてみました。

思ったより簡単にむけて、地味にテンションが上がりながらせっせとむきました。

今日のおつまみ。ナッツって、どれもなんて可愛いのでしょう。

そのままの美味しさを知ってしまうと、別にモンブランも食べたいとは思わなくなります。こっちのが美味しい。

ま、シドニーではなかなかモンブランも売ってないですけれど。

 

 

 

今ではエコライフが染み付いてきましたが、でも振り返れば、私が日本で働いている時は、全くそんな考えが頭に入ってくる余地はなかったです。とにかく忙しく、仕事の日もたまのお休みの日も動き回っていたから。

そんな時に環境の話をされても、布ナプ(前の記事はこちら)がいいよと言われても、「私はそれどころじゃないんです」だったと思います。どうでもいいわけではないけれど、優先順位が下のほーうにあったというか。エコラップ(前の記事はこちら)なんて、一生出会っていなかったでしょう。

ゴミの分別が面倒だとは思っても、土に還せるか還せないかなんて、考えたこともなかったです、はい。

 

それぞれ良いタイミングで、地球や自然に思いを巡らせる時がやってくるのでしょう。きっと。

そのタイミングがやってきた私はとてもラッキーです。

 

当たり前に自然と繋がっている友人たち、オーストラリアにもいつも感謝。

 

さ。

今日も美味しく、幸せをかみ締めます。

ありがとうございました♡

しほ