コーヒー

前にも書きましたが、オーストラリアはコーヒーが美味しいです。

日本に滞在中、恋しくなるのはやっぱりコーヒー。カフェとコーヒーはオーストラリアの文化の1つと言ってもいいのではないかと思います。

チェーン店のコーヒー屋さんはとても少なく、個人経営のカフェが多いです。バリスタがいて、1杯1杯入れてくれるのが普通です。

ミルクも、ソイやアーモンドミルク、最近はマカデミアナッツのミルクとか、色々選べます。

スチームで丁寧に温めてくれます。

もちろんブラック(こちらではロングブラックと呼ばれます)もあります。

 

ちなみにですが、日本のようにコーヒーフレッシュのようなものは存在しません。1杯ずつ、完成された形でサーブしてくれるのです。

 

多分、コーヒーフレッシュの類が存在するのは日本だけではないでしょうか。爽やかな名前ですが、原材料は決して爽やかではありません。まずミルクは入っていませんよ。

便利で馴染みのものでも、今一度原料を確認するのも大事ですよね。

 

体にいいものを取り入れるのもとっても大事ですが、食べ物でもサプリでも薬でも、化粧品でも同じことが言えますが、まずはできるだけ余分な物を引き算するのが健康と美しさの近道だと思います。

さー、どんどん引き算して軽やかになっていきましょう。

 

私は日本のカフェやレストランでコーヒーを頼む時は、ミルク(牛乳)を別で下さいとお願いします。牛乳も普段は飲みませんが、たまにはということで。。ブラックで飲むことも最近は増えてきましたが。

 

大体1日1杯、たまに外出先でもう1杯、が私のコーヒー摂取量です。美味しくても飲み過ぎはやっぱり注意です。

 

ちなみに家では

近所のスーパーで買ったのを飲んでます。

200gで$6。オーガニックでこのお値段はお安いですよね。これはフェアトレードの商品です。

国産もいいけど、フェアトレードの商品は気分よく買えます。

最近はブラック。エスプレッソを作ってお湯で割ります。フィルターも使わないのでゴミも出ません。

どう頑張ってもカフェで飲むより美味しくはできないので若干の諦めも入ってますが、朝のコーヒタイムは大事な時間です。

何もせず、ただコーヒーを飲みます。

 

えっと。

またとりとめのない日記になってしまいましたが。

日本のコーヒー、もっともっと美味しくなりますよう、祈!

 

しほ