循環

ここ1ヶ月ほど。

生ゴミをビニール袋に入れて捨てる

という、今まで当たり前にやっていた行為に、ムズムズ、もやもやを感じています。

ブルーマウンテンの自然と調和して暮らす友人にかなり影響されています。

前から環境問題に関心があったという彼女ですが、お庭にあるコンポスト(1辺50cmくらいの箱状のものでした。底は空いています)で、生ゴミや枯れ葉、紙くずなんかを土に返して、そしてその土でまた美味しいお野菜を育てる、という美しい循環を作り出しています。

コンポストの中ではミミズくんたちが美味しい餌を求めてうねうねしています。これが苦手な人は難しいかもしれません。

私も、すごーく得意というわけではないですが、親スピ1にも書きましたがゴキブリの気持ちなんかを知るうちに、虫も嫌いではなくなりました。

 

私のお家では、庭はあっても芝生とコンクリートの部分がほとんどで、コンポストを置ける場所がないのです。そこまで考えて引越ししなかった。

ですがネットで調べてみると、ベランダでも、できなくはないようです。地面にくっついてなくてもできないわけではないのですね。うちでもできるかなぁ。

でも、失敗したらあまりに切ないのでしっかり調べてからスタートしようと思います。

 

とりあえず、卵の殻くらいなら、と思って乾燥させて砕いてプランターに撒いてみました。小さな循環ですが、なんだか私まで癒されて小さな幸せ。

 

その友人曰く「紙も野菜も土に還せるのに、プラスチックだけはどうしようもないのよね、、」と。

前に遊びに行った時にコンポストを見せてもらって、栄養たっぷりの土が出来上がる過程も見せてもらって、私もできるだけ、プラスチックやビニール袋は使わないようにしようと心から思ったのです。頭では分かっていたけれど、ストンと落ちたというか。

あと、彼女が言った印象的な言葉もう1つ。

鶏を飼えば、虫を食べてくれるし、糞は肥料になるしいいことだらけだけど。みんな役割があるのに、人間だけが循環の仲間はずれなのよね。

まだ動物を飼う勇気がなくて、と彼女はせっせと虫とりをして、鶏を飼っている隣のお家のお庭にそっと持っていくと言っていました。

本当に美しい人なのです。見習うべきところがたくさんありすぎます。

量り売りのお店に、自分の容器を持っていって蜂蜜とか、ナッツなんかを買うそうです。余分なゴミが出ません。そんなお店がシドニーでも少しずつ増えてます。容器や紙の袋は置いているけど、プラスチックはゼロ。

 

前回日本に帰った時、スーパーで野菜が1つ1つビニールに包まれているのに驚きました。オーストラリアでも包まれているのはもちろんあるけれど、そのまま山積みに置かれ、会計の時も買い物かごからそのままじゃんじゃんエコバックに入れてもらうことも多いです。

 

少しづつ、私も美しい循環に入れてもらえるように。

ありがたい友人たちのおかげで少しずつ変わってきた自分を感じています。

 

まずは卵の殻と、、

あとはコーヒーをテイクアウェイする時には、マイカップを持っていくようになりました。日本のコーヒー屋さんで買いました。

IMG_6829

少し安くしてくれるお店もあっていいことだらけ。

 

これからもっともっと、心地よく地球人でいれるように。

 

今日もありがとうございました!

しほ