お砂糖なしで

昨日作ったテカテカ手羽。

IMG_6827

手羽、大好き。

今回はフライパン1つで簡単に。

軽く塩コショウで下味付けて、常温に戻したらフライパンで焼きます。

焼き目が付いたら、お酒と、お醤油、そしてお酢とモラセス!

全部適量。そのままフライパンにじゃんじゃん入れていきます。絡ませながら、水分がなくなるまで火を通してかんせーい。

モラセス、これです。ドローンとした黒い蜜。

IMG_6828

コクもあって程よい甘さ、鉄分もたっぷりで特に女性にはありがたいのです。いいことだらけ。糖蜜?かな、日本語だと。お砂糖を精製する時に取られてしまう大事な栄養素がぎゅっと詰まっているそうです。なんとありがたい♡

お菓子に使われることが多いのですが、お料理にももちろん使えます。

 

お醤油も普段ほとんど使わないのですが、無性に食べたくなったテリテリ手羽先。お砂糖を使わないので、かなり、ギルトフリー。

見た目ほどコッテリではありません。

美味♡

 

お砂糖を料理で使うことはゼロになりました。紅茶キノコを育てる用にだけあります、お砂糖。

全く困らないし、美味しく体にいいレシピも増えました。

重ね煮もいいですよね。

 

振り返れば、日本にいた時は本当に本当に、たくさんお砂糖を摂っていました。

朝からふわふわの食パンを食べていたし、ランチに菓子パンを3、4個食べたり(今思うと本当に恐ろしい)友達とディナーしてその後でカフェでケーキ食べたり、なんたらフラペチーノとか甘いドリンクを大きいサイズ飲んだり、なおかつ一緒にケーキも食べたり、、

甘いもの=美味しい と思ってました。

当時(20代)は体にいい云々よりも、太るか太らないかが重要事項だったので、どれだけお砂糖を摂っても、太らなければ私の中でオッケーだったのです。仕事はかなりの重労働だったので、太る暇もなく、罪悪感も感じずに過ごしていたのです。

 

オーストラリアに来てからもしばらくは変わらなかったのですが、かなえちゃんに出会い、本当に体に大切なことを教えてもらい、コンサルの学びも生かし、体が喜ぶ食事がだいぶ分かってきました。体の調子もよいです。

 

甘いケーキは我慢するか、ご褒美と称して食べてしまうか、の2択ではなく

別にいらないや、と意識の外に置いてしまうのが楽チン。だと思います。

ま、私も頂き物や、誰かと一緒に時は美味しく食べちゃいますけれど。

 

昨日はお客様に手作りのあんこを頂きました。。でバナナと一緒にクレープにして食べちゃった。

IMG_6825

説得力ないですが、はい、たまには、です。

生地は、タピオカ粉と卵と水少し。もっちり美味。

 

今度は朝ごはんにもクレープ作ってみようかなぁ、甘くないやつ。

 

食べ物の話ばっかりですが、日々マッサージやヒーリングをしてます。

今日も楽しくお勤めさせて頂きます。

 

ぜひお砂糖を減らす工夫をしてみて下さいね。体は間違いなく喜びます♡

今日もありがとうございました!

しほ