体の痛みに

少し前に寝違えました。左肩、首、肩甲骨まわり、とにかくその辺り一帯がカチコチで痛い。久々です。

腕をほぐすと痛みはかなり軽減されます。

寝違え、大騒ぎするほどではないのですがツライ痛みですよね。

仕事柄、自分の体は実験台でもあるので一応ヒーリングも試してみたのですが寝違えの痛みには効果なし(私の場合です)。やっぱりなんでもかんでもヒーリング、でもありません。

 

今回は自分でボーテックして、マテラのワセリンを塗り込んで治療終了。ほっといても治るものですが、痛みや不調はできるだけ早めに対処するに限ります。

こないだ友達と話してて、「しほさん、治療するイメージはなかった!」と言われました。アロマやヒーリング、リラクゼーションのマッサージのイメージが強いのでしょう。イメージにこだわりは全然ないのですが、でも腰が痛くて辛かったというそのお友達、わー早く言ってくれたらよかったのに。。と思いました。

 

痛みのある方には、ボーテック(Bowtech。Bowen Therapy とも呼ばれます)をすることが多いです。1つ1つの筋肉を覆う筋膜を、決まった箇所、決まった方向にスライドさせて体内に刺激を送り、体の機能を正常に導いていく、オーストラリア発祥の治療法です。

4、5年前かな、私がボーテックの学校に通ってる時、ぎっくり腰の1歩手前、くらいの痛みを抱えながらなんとか学校まで行って、先生に治療してもらったことがあります。直後に「あ、治っていく」と直感でわかり、そして半日後には痛みはなくなったのです♡ ジワリジワリと、内側から治る力が出ているのを実感しながら過ごす数時間は、なんとも言えない貴重な時間でした。

 

教科書には書いていなかったのですが、私がやっていくうちに感じるは「筋肉の1つ1つが、あるべき形になって、あるべき箇所に収まっていく」という手応えです。

お顔も、次の日の朝にはシュッと「筋肉があるべき形に収まったね」とそんなお顔になります。O脚までよくなった!とお電話をかけてきて下さったお客様もいらっしゃいました。

ボーテックを受けられるのは痛みをなんとかしたい、という方がほとんどですが、それに加えて嬉しいおまけが付いてくることも多いのです。体は全部繋がってるので、当たり前と言えば当たり前なのですが。

オーストラリアでこんな治療法が生まれたのはなんとも嬉しいこと。日本でも、もっと広まればいいのになぁ。

 

そして、マテラワセリン。

マテラについては何度もブログで紹介していますが、愛媛の霊山、石鎚山系から採取される鉱石です。そのパウダーを練り込んだワセリンがマテラワセリン。赤茶色です。

切り傷や火傷にもいいのですが、筋肉や関節の痛みにも効きました。これも私が実験台に。しばらく右膝に軽い痛みがあって(理由は自分でもわかってるのですが長くなるのではしょります)仕事柄、その痛みが決定的なものと確信してからマテラワセリンを塗ってみたのです。

はい、2日目には痛みはなくなっていました♡

寝違えの痛みにも良かったです。

マテラ=温泉成分ではありませんが、濃厚な温泉をまとっているような気分です。ぽかぽかです。真夏はちょっと辛いですが、痛いよりいいかな。

 

こうして痛みを経験すると、人の痛みもとてもよく分かります。

そして「どこも痛くない」普通がなんて幸せなことだろうと思います。

 

体は治る力を持っていて、それを発揮させて欲しくて待っています。

痛みは何かを方向転換しないと、というお知らせなことがほとんど。その声もしっかり聞きながら、施術させて頂きます。

さー。進もう♡

 

マテラワセリン、日本で頂いてきたサンプルがありまして、ご希望のお客様にはお分けできます。ご予約の際にお知らせ下さいね。

 

今日もありがとうございました!

 

しほ