霊気のクラス

ちょっと久々の開催になります、霊気のクラス。

来週の土曜(13日)の10−15時で開講致します。急なお知らせになってしまってどうもすみません。

 

1年くらい前に、当時の霊気のクラスのシステムに違和感を感じ始めて、修了証も出さない、レベル分けもなくした1回完結のクラスに再構築しました。

今回も、もちろんその内容で開催致します。

詳しくは霊気クラスをご覧下さい。

 

少し話は飛びますが、数日前、お客様のお家に向かって運転をしている最中、ふっと頭に浮かんだことがあります。

私にはきっと、マッサージの神様がついてくれているんだろうな。と。

愛媛で神の手先生の施術を受けてから、さらに体や手が緩んで、どしっと安定感のある施術ができてきたと思います。マッサージをしながら自分の手を見て、どう見ても女子の手でないような、自分の手だけど自分の手じゃないような、不思議な感覚になることもあります。

きっとマッサージをする時には、マッサージの神様が降りてきてくれるんだな。そう、ふと思ったのです。

その時に真っ先に頭に浮かんだのは毘沙門天さま。力強く男性的。以前に魔女本で書いたのですが、私の後ろにいる毘沙門天さまを、直子さんとミポリンが確認してくれました。(この章、ものすごく好き。何度も読み返します)

毘沙門天さま=マッサージの神様ではないのですが、私にとっては、マッサージをする時に、大きな助けをしてくれる神様なような。勝手に言ってますが確信です。

どんな大きなオージーのお客様をマッサージする時でも、遠くまで運転していく時も、男的なエネルギーにぱちっとスイッチが入るのでへっちゃらなのです。神様、ありがとうございます。

 

そして、ヒーリングをする時にはいつも千手観音さまを思い出します。

霊気をレベル2まで習った方はシンボルも習ったかと思いますが、2つ目のシンボルは千手観音さまが由来です。心を安らげてくれる、エネルギー。

私のヒーリングの最後はおでこに手を当てることが多いのですが、その時に必ず千手観音さまが思い浮かびます。

 

このお2人の神様は、霊気発祥の地、京都の鞍馬の鞍馬寺でお祀りされている神様です。

そしてもうお1人は魔王尊さま。私のイメージでは、少し離れたところからニコニコ見守っていてくれているような。

 

と。

こうして鞍馬のことを考えていたら、霊気のクラスをさせて頂くことになりました。そんなものなんでしょうね。

 

来週のクラスは残席3つです。

他の日をご希望の方はお知らせ下さいね。

 

今日もありがとうございました!

 

しほ