神の手

さてさて。

元気いっぱいなので、四国旅行記を残しておこうと思います。

まず1日目には、とある治療家の先生にお会いして施術をしてもらいました。

 

四国はねー。

レベルが桁違いな先生方がいらっしゃいます。

共通点は、宣伝もせず、もちろん偉そうにもせず、ビックリするくらいの良心的なお値段で、日々お仕事をされているということ。

それでも全国からお客様が集まってくるのですよね。

私もこのありがたいご縁に心から感謝です。

帰国の度に会いに来よう!そう思います。同じ時代に生きていることに感謝です。

 

さて。神の手の先生。男性です。

特に予備知識もなく、ありがたい友に紹介してもらい、予約もお願いしての当日。

 

わかりやすく言うと、整体とお灸のミックスです。

でも神様のレベルでした。

 

問診なし、筋肉チェックなども特になし。

でも全部お見通しです。完全お手上げ。

 

左の足組むでしょ、ダメよー。

左の肘つくこと多いでしょ、それダメよー。

小指に力入るよね、それだめー。

枕元に携帯おいちゃダメよー。

 

体を見てあれこれ。細かく、あれこれ。

 

一緒に行った友人は、携帯を握る指の癖を当てられてました。

それぞれに普段の癖が体に出ちゃってるんですよね。

 

その癖をやめたらどんないいことが起きるかもしっかり想像できるところまで持ってってくれるのです。

頑張りがいがあっていいでしょ、と。

はい、その通り!

 

お客様によっては言ったり言わなかったりだそうですが、心理的な部分もバスバス当たります。

当たり外れというと失礼ですね、はい、そのまんま。

そしてそんな中で心も体もスーッとほぐれていくのです。

言葉が追いつかない感動の体験。

体が変わっていくと同時に、人生も変わっていくと、そんな気がしました。

そして終わった後のなんとも言えない気持ちのいい気だるさ、とびきり良質のヒーリングを受けた時に起こるやつですね、これは。

 

そして。心のブレーキというか、突っ掛かりがビックリするくらい取れました。

取れるまではそれがブレーキだとも思っていなかったのだけど、今はその違いがはっきりと分かります。

脱帽です、先生。

 

どこまで詳しく書いていいものか、ちょいと躊躇します。

ご興味のある方はまたお会いした時にしゃべりますので聞いて下さいな。

 

そのうち、その後の変化と共に小出しに書いていくかも、しれません。

 

ちなみに、先生に

「シドニー来てくれたら受けたい人いっぱいいると思いますよー」

とラブコールを送ったのですが

 

「それはあんたがやったらええんじゃ」

と。

 

精進致します。

シュッと身が引き締まる思い。

 

ステキステキな四国の旅の始まりでした。

ありがとう、先生。

ありがとう、みなさま。

 

しほ