街での暮らし

昨日の夜、Neutral Bay でお友達とディナーしました。

ハーバブリッジを渡った北側は、ざっくり「ノース」と呼ばれます。

バスでブリッジを渡ってノースに行く時に「あー、もうすぐ私もノースに住むんだなー」とちょっと不思議な感覚になりました。

『ディナーしにノースに行く』のはこれが最後になるかな。

 

その時に、

田舎娘が街での修行を終えてもうすぐ実家に帰る。そんなイメージが湧いて一人クスクスニヤニヤ。変な子です。頭に流れる音楽は「やさしさに包まれたなら」です。

シドニーシティの大きなマンションに住むなんて、人生で楽しい経験をしたなーと思います。

その前はノースに住む期間が長かったので『帰る』という感覚の方が大きい。長いお客様からは「またノースに帰ってくるのね〜。おかえり〜」と言ってもらえてなんだかほっこりしております。

 

シティでの3年半、やっぱりここでしかできないお客様に会ったり、ワークショップをしたりと、必要な経験ができました。

ブログを書き始めたのもこの部屋。機械オンチの私が初めて自分でお部屋にWifiを繋げることができた感動もこのお部屋。

ミポリンの瞑想会も、ここで定期的に開催するようになりました。

何を思い立ったか、書籍を書き始めたのもこの場所で。

オンラインショップも思い立って始めたのも、ここ。

そうだ、あーちゃんのアニマルコミュニケーション講座もここで開催しました。

エッセンスPurityのボトリングして、名前が決まったのも、そう、この場所で。魔女家族が集まって。

 

3年半、色々やりました。

施術も変わりました。

 

いつも3年くらいで引越ししたくなるので、引越しは多い方だと思います。日本にも行ったり来たりで落ち着かないようですが、私にとってはじっとしてるのが落ち着かない。自分が変わるので場所も変わる、変える方が自然なのです。

場所とセットでその時の思い出があって、私はこんなスタイルが、やっぱり合ってるんだと思います。

 

そうだ、初めてチャクラオイルのセットが完成した今年の3月。

直子さんが鞄にパンパンのオイルたちを届けてくれたのもこのお部屋。

「できるって信じてくれてありがとう。。」

そう泣きそうな直子さんと、ハグハグしたのもこのお部屋。。

 

我が子を見送るような気持ちで電車に揺られてきた直子さんは

直子さん「寂しくなるねー」

精油たち「何言ってるの、離れてもいつでも繋がれるでしょ」

そんなやり取りをしながらうちに納品に来てくれたのです。

 

色んな思い出を感謝と共に思い出しながら。。

 

さ、今日もガンバロウ!

今日も良い1日でありますように☆

しほ