こぶたハウス

昨日、、お家が決まりました!デポジット払って、とりあえずは一安心。

また細かい日程が決まり次第、お客様それぞれにご案内をさせて頂きますが、とにかくホッと一息付けたのでブログでまずはお知らせをさせて頂きますね。

先日書いたウィロビーの一軒家です。キッチンが広々で、本当に素敵。

車の音がどうしても気になったので、インスペクションの次の日にも、近所を偵察に行ってきました。

そしたら。前の日とはまるきり違う。とても静かで車も少ない。

通りを、うろうろ、並びの家をジロジロ見てたので挙動不審だったかと思います。数件隣のお家のお庭をお掃除していたおばさまに、「迷ってるの?」と声をかけられました。

「この先のお家に昨日インスペクションに来て。あまりにNoisyだったから、今日も来てみたの。いつもはどう??」

するとおばさま、土曜は向かいの競技場でスポーツの日なの、と。

土曜が一番賑やかね、と。

 

ほー。それなら!!

決まりです。

土曜は出張施術の日にしてもいいし、なんせ道で過ごすわけでないし。ドア閉めるし。

土曜にまず行っていて、よかったと思いました。後から知ったら、きっとちょっとヘコんだかもしれない。

念のため、平日(昨日)の夕方の時間帯にも近所をうろついて来ましたが、道も空いていて、路駐も時間制限なくできるスペースがたくさん。うちにも1台余分に停めれます。

シティ行きのバスも通ってるウィロビーロードから徒歩5分くらい、

逆方向に5分歩くとノースブリッジのショッピングセンター。東京マートもあって、便利!

 

アプリケーションは送っていたので、すぐにでも決めれる、デポジットも払う準備できてますと、軽くプッシュのメールを送って待つこと1日。

そもそも、私しかインスペクションにいなかったし、こちらではインスペクションに来ていない人のアプリケーションを通すことはありません。

もう、決まりでしょ、と思いながらも

 

個人の小さいビジネスですから、不安もありました。

売り上げは全部申告してるし、税金も10年ずっと納めてきました。でも、それが不十分なら、もう完全に力不足。諦めるしかありません。

ビジネスの記録やIDを、申し込みと一緒に送り、その審査が通らないといけません。

 

あー♡

よかった♡

 

今まで支えてくれたお客様、みなさま。じわじわと、喜びと感謝が溢れます。ありがとうございます。

 

そして、申し込みに際し、数人のお友達のリファレンスが必要だったのですが、3人のお友達、3人ともが数十秒後に快諾のメッセージを返してくれました。

金銭的な保証人とは違って「この人ちゃんとしてます」と言ってもらうそのリファレンスなのですが、それにしても、みんなのあったかい気持ちがギュンと伝わってきて、本当に嬉しくなりました。

 

そして、このお家のインスペクションの申し込みをした直後に、感謝の日に書いた想いに行き着きました。

2つベッドルームがあって、小さいスタディールームがあって、ガレージがあって、、なんだか実家と少し似てるかな、ここ。とちらりと思った後のことでした。

引越しの、多分最大のレッスンでした。どんなにお金を払っても、きっと外に向かっている間は学べなかった、貴重なレッスン。心から感謝できる、尊い気持ち。

 

その少し前に直子さんとおしゃべりしていて、「家同士って、エネルギーで繋がってるからね」そんなことを聞きました。

言われたらなるほどだけど、今まで考えたこともない発想でした。

ハワイに引っ越すまでの数ヶ月、直子さんファミリーが暮らすことになったマンションは、以前に自分たちで設計した日本のお家をなぜか思い出す、どこか似ている、そんなあったかい空間だそうです。

その話を聞いた時は、今私が住んでるマンションと繋がってる場所があって、気持ちよく送り出してもらえないかしら、、などと思っていたのですが、

 

今回の繋がりは、実家との繋がりだったのです。思いもよらなかったけど、今振り返ると全てに納得がいきます。

 

で。そうタイトルにも書いたこぶたハウス。

どうも3匹のこぶたのストーリーを思い出してしまう、レンガのお家。

11545993_4_pi_170727_053927-w1600-h1200

ここが、私の次のお家。癒しのサロンでもあります。中は木をいっぱい使った、温かみのある空間。新しくはないけれど、丁寧にお手入れされたお家。

 

こぶた兄弟と自分を重ねる必要はないのですが、3姉妹の末っ子の私は、神戸の六甲山のふもと、海を見下ろす坂の上の小さいお家で大きくなって、ご縁があってシドニーにやってきて、今度はこんな可愛いこぶたハウスで、癒しの空間を作っていくことになるのです。

続きだけど、新しい旅の始まり。

 

少しドキドキします。

でも大丈夫、今までもずっとそうやって変化の時期を越えてきたもんね。

 

たくさんの愛と感謝を感じながら、次の場所に行きます。

もっと自分らしく。地面の近く。自分もたくさん癒しながら。

 

来月、おそらく前半に引越しになるかと思います。

遠くなってしまうお客様もいるのはもちろん承知で、申し訳ないと思うのです。それでも、遠くても、たまのご褒美や癒しの時間、大事なご自身のメンテナンスに足を運んで頂ける、そんな場所でありたいと思うし、なんだか、じわじわ溢れる自信もあるのです。

どうか、期待して頂きたいし、これからもこんな我が道を行く私と仲良くして頂ければこんな嬉しいことはありません。

 

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

 

また詳しい日程は追ってご連絡しますが、

9月1週目までは、確実に変わらずセントラルパークで施術させて頂いております。

3年半、お世話になったこの場所で、最後の最後まで心を込めて。

おうちにもお客様にも感謝を込めて日々過ごします。

 

ありがとうございました。

しほ