オイル選び

ここ数日、施術の合間にマッサージ講習をたくさんやっています。

と言っても、疲れないくらいの、1日数時間ずつのマンツーマンなんですが。

本当に、少しのコツを知っているかどうかの違いで大きな差が出てきます。

色んな生徒さんに実際マッサージをしてもらって、細かい手直しをしていきます。

 

で。

その中で、確信になったことがあります。

ブログにも何回か書きましたが、マッサージのお店や、残念なことに学校でも、天然でないオイルを使っているところがたくさんあります。

タオルを洗濯しやすいように、水でさらっと落ちるオイルをマッサージに使ってしまっているのです。混ぜ物が入っているわけですが、ベースは天然のオイルなので、紛らわしく Pure Oilなどと書いている場合もあるようです。

 

そんなオイルを使っている方の手は、表面に、共通したキメの荒さが出ます。

他と比べないと、私も気付かなかったかもしれません。

 

普通は、マッサージをすればするほど自分の手もツヤやかになるはずなのに、逆の現象が起きているのです。

 

正しいオイルを選ばない限り、セラピストらしい、キメが細かくて吸い付くような手にはなれないのです。

そんなオイルをお客様の体に塗っている、染み込ませていると考えるととても恐ろしいし、残念です。

 

セラピストさんは自分とクライアントさんを守るために、

受ける立場の方も、ぜひオイルは確認して下さいね。

 

 

今日も読んで頂きありがとうございました!

しほ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です