ヒロコさんのクリスマスケーキ

ヒロコさんという、とっても可愛らしいお客様がいます。

Beauty Point というその名の通り美しいエリアの、水辺の見える大きなお家にお住まいです。

もう5年くらい定期的にマッサージをさせて頂いています。

いつも楽しく女子トークをするヒロコさん。

お年、今年で90歳です。

 

旦那様を亡くされてから一人で暮らしておられます。

大きなお庭のお手入れや定期的なお掃除やお買い物の配達は人にお願いしていますが

毎日のお料理や身の回りのことは全部ご自分でされています。

 

魔女の宅急便に出てきた、パイを焼くおばあちゃんをさらに小柄にお上品にしたような方です。(通じるかな?)

 

色々教えてもらいます。

甘酒の作り方、ぬか床の作り方、上手な保存食の作り方、美味しい炊き込みご飯の作り方、ハーブや野菜の育て方、

戦争のこと、その後のこと

紡績の会社でバリバリ働いていたご主人のこと

オーストラリアの移り変わり

などなど。

毎回楽しくおしゃべりします。

お茶を頂いて長居することもしばしば。ありがたいなぁと思います。

 

そんなヒロコさん。

お菓子作りもとっても上手。

毎年クリスマスの時期にケーキを焼いてプレゼントしてくれます。

期待しちゃいけないと思いつつも、そのくらいの時期にマッサージに行く時は、ちょっと期待してしまいます。

たっぷりのシェリー酒に数ヶ月漬け込んだドライフルーツやナッツの入った、大人のパウンドケーキ。愛情たっぷり。他じゃ絶対味わえない。

去年のクリスマスにも頂きました。幸せ。

 

先日マッサージに行った時にそのケーキのことを話していたのだけど、なんと60年前から変わらず作っているレシピだそうです。

何種類ものレシピをお持ちだけど、クリスマスにはこれ。

今回は10本焼いてお世話になった方に配ったのよ、と。

 

ちなみにこのケーキを作るのに使う型もボールも、60年の歴史だそう。

長い歴史と思い出の積み重なったケーキ。それを聞くとさらに味わい深くなる。

 

強くてしなやかで優しくて。そして可愛い。美しい。

 

お見本になる素敵な方が多すぎる。

幸せです。見習おう☆

 

IMG_2107